【Unity】フレームレートを変更する方法

以下の1行で、好きなフレームレート数に設定できます。

// 30フレームに設定

Application.targetFrameRate = 30;

あくまで目標とするフレームレート数なので、処理が間に合わない場合は それ以下のフレームレートになります。 1フレームの処理が終わった場合は、ここで設定したフレームレートになるようにCPUがお休みするので 端末の発熱やバッテリーの減りが抑えられます。 また、これとは別に描画処理だけ落としたいときは、OnDemandRenderringなどをつかうと CPUの処理の2回に1回だけ描画を更新などするといったコントロールをすることができます。 結構簡単にできるはず。